DISCOVERY

DISCOVERY

世界の国々の農園から

コーヒーの木は赤道をはさんで、南北緯25度に位置するコーヒー農園で育ちます。このエリアを「コーヒーベルト」と呼び、約60ヶ国で生産されているのです。 主なコーヒー産地は“世界の3大産地”と呼ばれる「中南米」、「アジア」、「アフリカ」の3エリア、代表的な国は、ブラジル、グアテマラ、コロンビア、コスタリカ、ベトナム、インドネシア、エチオピア、タンザニアなどです。コーヒーは生産地ごとにその味わいや香りもすべて異なります。特に標高の高い地で収穫される豆は甘味があり、その年その年によっても違った味わいを見せてくれます。

コーヒー鑑定士が味覚の責任者

生豆の選定から、豆のブレンドや焙煎に至るまで、バックボーンになるのはクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)を筆頭に、業界内の様々な資格を有した熟練したスタッフです。厳しい眼と熟練した舌で、品質の安定を図っています。

ブレンドこそコーヒーメーカーの財産

産地特有の異なった持ち味を調合して、香りとコク・酸味・甘味・後味など、ハマヤ独自のブレンドを創り出しています。オーケストラに指揮者がいないと成り立たないのと同じように、ブレンド技術がしっかりしていなければ、個々のコーヒーが持つ特性も台無しになってしまいます。
ハマヤでは「ブレンド技術」こそがコーヒーメーカーの最大の財産であると考え、日々研究を重ねています。